詩情あふれる高原の城下町・小諸

 
信州小諸は古くより噴煙あげる浅間山と清流千曲川に挟まれた場所に位置する
自然豊かで歴史と文化が香る風光明媚な高原の城下町です。
 
長野県に東側に位置し、東には軽井沢町、西には上田市、南に佐久市があります。
 
かつて小諸城下には中山道(江戸~京都)、北国街道(軽井沢追分~上越直江津)、
佐久甲州道(小諸~韮崎)が通り、交通の要所として、商都小諸として発展しました。
 

島崎藤村と小諸の蕎麦

 
文豪・島崎藤村の「千曲川旅情のうた」で有名な小諸城跡は日本さくら名所百選に選ばれるほどで、秋の紅葉も見事なものです。
 
島崎藤村は小諸での思い出としてこんな描写を残しています。
 

「蕎麦は信濃の名物の一つに数えられて居る。小諸あたりで、何か祝ひでもあった時のご馳走はといえば、酒のあとで客に蕎麦をもてなす。東京の蕎麦屋で出すものを食い慣れた口には、ちょっと想像もつかないような好い蕎麦をつくる家がある。」(市井にありて)

 
 

蔵の粉屋大西製粉

経営理念 
 
私たちはそばの魅力を通して、「幸せで豊かなそばのある暮らし」をつくります。

住所 長野県小諸市東小諸1581-3
電話 0267-22-0585
ホームページ www.konaya.jp