こんにちは大西製粉の大西響です。

先日、クロスワードパズルの問題になったようで、
「そば粉を熱湯で練った食べ物の名前はなんですか?」 と質問を受けました。

蕎麦を麺にし食べ始めたのは、鎌倉時代までさかのぼりますが、
それ以前は、粉に熱湯を注ぎ、よく練ってから、団子にして食べていたと言われています。

これを「そばがき」と言います。

 

  • 1、そばがきとは
  •  

    そば粉100%で作るので、

    ふわっとして、そばの香りや風味がダイレクトに口に広がります。

    食べた瞬間、「うまい」と叫ぶ、食べものでは、ありませんが、
    「数日すると、なんだか、食べたくなってくる。」
    「数年たっても、味を記憶している。」

    そんな魅力があります。

    詳しい「そばがきの作り方レシピ」はこちら

    長野県内では、昔は日常的に食べられていたので、
    「昔、祖母が作ってくれた思い出の味」「昔の蕎麦の味を思い出した」と
    長野県出身の方から「そばがき」について喜びのお手紙をいただく事が多いです。

     

    2、そばの栄養を余すことなく摂取

    そばの栄養が小麦や米に比べて、非常に高いと評判になっています。
    麺状にしてしまうと、小麦が入っていたり、
    また
    茹でた時に 栄養素がお湯に溶けだしてしまいます。

    その点、そばがきなら、そばの栄養を余すことなく、摂取することができます。

    2、そばがきの作り方

    そばがきの作り方はいたって簡単です。

    用意するもの
    挽きたてのそば粉 50g
    水 200cc

    鍋で木べらで混ぜながら、中火にかけてください。
    沸騰しましたら、火からおろして、力いっぱいかき混ぜます。
    お好みで、醤油、そばつゆ、などと一緒にお食べください。

    ⇒詳しい「そばがきの作り方」はこちら

    蕎麦屋さんで、そばがきがあったら是非ご注文ください。

    使っている そば粉に自信がなければ、提供できません。
    また
    捏ねるのに1人つきっきりで、時間がかかるので、職人さんはあまりやりたくないです。

    それでも そばがきが メニューにあるということは、 本物のそば屋さんの 証であると言えそうです。


    スポンサーリンク