フリーダイヤル

そば粉・信州そばの製造販売 蔵の粉屋 大西製粉

  • トップページ
  • 商品一覧
  • 大西製粉について
  • そば粉へのこだわり
  • そばと暮らし
  • よくある質問

トップページ > 大西製粉のこだわり 〜3つの柱> 製粉技術の発展に力を入れる

大西製粉のこだわり 
〜製粉技術の発展に力をいれる

そば粉

製粉技術

石臼製粉機

素材を引きだす「製粉技術」を磨く

石臼 製粉
電動になる前の石臼製粉

当社は明治創業から百有余年、粉一筋に商いを続けてきました。
信州小諸の坂の町の地形を活かし、浅間山から流れる松井川の流れを利用した水車を動力とし石臼をまわし水車製粉業を始めました。

現在では電動ではありますが、最新の製粉機械を導入し製粉を続けております。

製粉工場
伝統を守りながら最新の技術も追求していきます

私たちは製粉を続けるなかで
「蕎麦の素材のおいしさを引きだす技術向上」を特に大切にして製粉をしています。
埃や土など取り除く精選技術、黒い殻を取り除く脱皮技術、実を粉にする製粉技術、粉の粒子を整え抽出するふるい技術など、日々、微調整を繰り返し製粉に取り組んでいます。
おいしい蕎麦を求めて私たちの製粉技術向上の挑戦は続きます。

蕎麦のおいしさとは

おいしい蕎麦

「子供のころ食べたあの蕎麦が忘れられなくて」

蕎麦粉
そば粉にも様々な種類があります

手打ちそば
ほんのりそばの香り、素朴な甘み

「蕎麦は黒い物が本物だ」
「白い蕎麦がよい」
「蕎麦の味とはえぐいものだ」
「甘いものだ」…

蕎麦のおいしさは人の数だけあり、すべてが正解であると思います。

蕎麦とは食べた瞬間、「おいしい」と叫ぶようなものではなく、食べてから、2、3日してから、また食べたくなってくるような食材ではないでしょうか。
「子供のころ食べたあの蕎麦が忘れられなくて」というように、50年経っても味を覚えている。頭の奥に強く記憶され続けているような食材です。

私たちは蕎麦のおいしさを「素朴な甘さ」と考えています。 蕎麦の実のでんぷん質が蕎麦のおいしい食感として大きく影響をしているようです。

蕎麦の実を挽きだす技術

そばの実 丸抜き

長年の課題から、新機械の開発・導入へ

丸抜き 機械
導入した丸抜き機

蕎麦の実の形を崩さずに黒殻を取り除く技術が私たちの長年の課題でした。 私たちはこの問題に長年、機械メーカーさんと共同で取りくみ、蕎麦の可食部分のみを丸ごと効率的に取り出すことに成功しました。
これにより素材のおいしさを生かした蕎麦の実を提供できるようになりました。

次のページで、大西製粉の工場を見学しながら、そば粉が出来るまでの過程をご覧ください。

次のページ >> 大西製粉の工場見学

大西製粉の3つの柱