フリーダイヤル

そば粉・信州そば粉の製造販売 蔵の粉屋 大西製粉

  • トップページ
  • 商品一覧
  • 大西製粉について
  • そば粉へのこだわり
  • そばと暮らし
  • よくある質問

トップページ > そばと暮らし > 信州蕎麦倶楽部通信バックナンバー目次 > 【No.7】2015.11.4発行

信州蕎麦倶楽部通信 No.7 2015.11.4発行

蔵の粉屋大西製粉の大西響(きょう)です。
信州小諸、日に日に寒さを増してきました。
いかがお過ごしですか?

先日ついに朝の気温が0度になってしまったので、
ストーブを焚き(たき)始めました。
半年ぶりに使うと、ストーブに積もった埃やそば粉などが燃焼し、
少し焦げたような匂いがします。
この匂いを嗅ぐと、「ちょっとの不安」と、
「またこの時期が来たんだ!やるぞ!良いものを提供するぞ!」という決意とが交錯します。

浅間山の山全体の色が緑から黄色に変わってきました。
カラマツの木々が、夏には緑色の葉をつけて、涼しさを見せてくれ、
秋には黄色に変わり、暖かさを感じさせてくれます。

特に日暮れ、私たちの住む平地は日が落ちてしまってからも、
西からの光を浴び、浅間山は赤黄色にきらめいて見えます。

小諸は中山道と北国街道の宿場町として、栄えた街並みが、多く残っています。
幼少時代は新幹線が通らなかった事で、時代に残された町だと感じていましたが、
最近は、自然、街並みが昔のまま残る叙情豊かな町として、再発見しました。

私の会社の住所は、今では長野県小諸市東小諸と言っていますが、
昔の地籍(本籍)では 長野県小諸市十唐松(とからまつ)と言いまして、
文字通り、カラマツ林のたくさんある自然豊かな土地です。
避暑地で有名な軽井沢にお越しの際など、機会がありましたら、
是非、小諸の実店舗まで足を延ばしてお越しください。
お待ちしています。

寒くなったり、暖かくなったりと、気温の変化の激しい時期です。
どうぞ暖かくしてお休みください。

2015年秋の新そばを発売開始いたしました

ようやく今年も新そばの発売を開始いたしました。
例年よりも発売が遅れてしまいまして、 多くの方にご迷惑をお掛けいたしました。
大変申し訳ありませんでした。
例年よりも地元での蕎麦の実入りが悪く、収穫時期を少し遅らせての、収獲となりました。(2015.11現在)

また、今年は地元の収量が例年の半分以下の畑が多くなっています。
長野県産をご希望の方に大変心苦しいですが、
当面、そば粉商品において長野県産信濃1号を50%、北海道産キタワセを50%で ブレンドで製造をさせていただきます。

長野県産そば信濃1号は香りが豊かである蕎麦です。
北海道産そばキタワセは色がグリーンで美しい蕎麦です。
2つをブレンドすることで、より良質な商品を提供していきます。

▼詳しくはこちら
http://www.konaya.jp/knowledge/2015sobako.html

そば麺(半生麺、乾麺)も新そばになりました

ギフトなどに、ご自宅用にお使いください。
7月より、蕎麦、小麦とも長野県産を使っています。
麺に透明感がでて、新そばの美しいグリーンもうまく表現できました。
http://www.konaya.jp/nagano/soba-gift/
送り先が1か所で複数個数をご利用の際は、500円ずつ値引きいたします。
ご近所へのお歳暮などで是非ご利用ください。(2015.11現在)

感想を募集しています

大西製粉では商品についての感想を募集しております。
お時間がありましたら、どうぞお寄せください。 頂いたメッセージは、スタッフ一同、力になるとともに、 社内で共有し商品サービスの向上に活用させていただきます。
▼こちらから ログインしていただき、記入をお願いいたします。
https://c07.future-shop.jp/fs/kuranokonaya/ItemReviewList.html
ささやかですが、1件につき50ポイントをプレゼントさせていただきます。

→信州蕎麦倶楽部通信 メールマガジンのお申込はこちら

前のページ<< 信州蕎麦倶楽部通信 大西製粉 No.7  >>次のページ

目次に戻る

▲上にもどる