フリーダイヤル

そば粉・信州そば粉の製造販売 蔵の粉屋 大西製粉

  • トップページ
  • 商品一覧
  • 大西製粉について
  • そば粉へのこだわり
  • そばと暮らし
  • よくある質問

トップページ > そばと暮らし > 信州蕎麦倶楽部通信バックナンバー目次 > 【No.16】2017.6.14発行

信州蕎麦倶楽部通信 No.16 2017.6.14発行

こんにちは
蔵の粉屋大西製粉の大西響(きょう)です。
いよいよ過ごしやすい季節となってきましたね。

信州小諸、すがすがしい風、木々には若葉が茂り、天気にも恵まれています。
6月21日は夏至、一年で一番、日が長い日ですね。
夜の7時に会社を退社するときも、まだまだ太陽が出ていますので、季節の移ろいを感じます。

先日「6月の季語は水無月(みなづき)、雨降らないから、本当に水無月だ。」と、話をしていましたら、 実は「水無月の「無」は連体助詞「の」の意味で、水の季節という意味だ」と教えていただきました。
10月神無月は神の月という意味になるそうです。
当社の周りの田んぼにも水が引かれ、稲が植えられました。
雨が降りそうなときには、カエルが急に鳴きだし、雨を知らせてくれます。 しばらくすると、本当に雨が降りはじめるので、びっくりします。
千曲川では渓流釣りが始まりました。釣り人達が川の中で魚釣りしている姿をみます。
鮎が多いですが、ハヤ、ウグイなど川魚を炭焼きで食べるのは絶品です。まさに水の季節です。

信州夏の新そば栽培開始しました

本年度より自社蕎麦農園に挑戦しています。
最近は天候不順による減収や蕎麦生産者様の高齢化などにより、原料の調達に非常に苦労していました。
「原料がないない」言っていても仕方がないので、大西製粉でも自分たちで蕎麦の栽培を行い、原料の調達に力を入れていきます。 また地域の遊休地や中山間地の活性化などにも寄与して行けると思います。必要としている量は私たちだけでは足りませんので、一定の収益をあげられる農業ビジネスフローを作り、地域の生産者様と一緒に取り組んで行けるようにしていきたいです。  まずは夏そばの栽培を1ヘクタール始めました。うまく行けば、7月にはそば花が咲き、7月末には収穫、8月お盆明けには、信州夏の新蕎麦粉2017をお届けしていきます。

▼詳しくは弊社の公式ホームページ、フェイスブックをご覧ください。
http://www.konaya.jp/

2017年 父の日のおしらせ

毎年、好評いただいております。父の日、 そば打ちお試しセットや道具、信州そばギフトセットなど多くのプレゼント用で ご利用いただいております。

私は、父の日には蕎麦を打って家族に提供する日にしました。 普段は忙しい家族も集まってもらい、そば打ちを披露します。 家族が美味しい美味しいと言ってくれるのが、そば打ちの醍醐味ですね。

▼ギフトとしておすすめは
そば打ちお試しセット1
http://www.konaya.jp/nagano/sobauchi_otameshi/

▼信州そばふるさとセット
http://www.konaya.jp/nagano/soba-gift/

そば粉について質問にお答えします

多くの方にいろいろなお問い合わせを頂きます。

質問
急に足りなくなった時に一番早く安く届く方法はありますか?

回答
当社では営業日であれば13時までの注文を即日出荷しています。 実はアマゾンで販売している商品もあります。信州そば粉金印1s1600円で、送料無料、365日出荷、アマゾンプライムに加入していれば、当日配送の地域もございます。急なご利用の時、1sのみ欲しいという場合は、是非、ご利用ください。

質問
そば粉の保存方法はどうすればいいですか?

回答
そば粉は香りが命ですので、密閉した袋(容器)に保存するのが良いです。
できるだけ低温で保存してください。密閉していないと、冷蔵庫内の臭いが移ってしまったり、乾燥してしまいますので気をつけてください。冷凍で保存する方も多いです。使う前日には常温にして、粉の温度を上げてください。冷えていると蕎麦の粘り気が出てきにくいです。

毎日、いろんな質問を頂きます。
蕎麦に関することでしたら、わかる範囲でお返事をしておりますので、 どうぞ、お気軽にお聞きください。

大西製粉 Facebook(フェイスブック)更新中

記事 信州特吟蕎麦乾麺そばつゆキャンペーン
記事 そガレット取扱い店[薬師館]
記事 父の日のおすすめ
記事 メディア掲載[日本ネット新聞]
記事 夏そばへの挑戦
ぜひ いいね! をお願いします。
Facebook(フェイスブック)に登録のない方でも 見ることができます。
大西製粉 Facebookページ

編集後記

蕎麦の乾麺工場を視察で数件回りました。 各社、数年前とは衛生管理が違います。きちんと清掃していて、技術や管理が上がっているのがわかります。最近の乾麺を食べますと、特有の臭いがほとんど感じらなくなりました。夏ぐらいには1つ発売しようと思いますので、一度ご賞味ください。

蕎麦の栽培は天候次第、 集中豪雨などがないように、たまには降っていただいて、土を湿らせて、 まさに神頼みみたいな部分もあります。 天候に恵まれることを祈ります。

大西製粉では商品についての感想を募集しております。
お時間がありましたら、どうぞお寄せください。 頂いたメッセージは、スタッフ一同、力になるとともに、 身が引き締まる思いであるとともに、励みになります。
過去の購入商品についても、感想を簡単に書き込めます。
同封のハガキもぜひお使いください。

▼こちらから ログインしていただき、記入をお願いいたします。
https://c07.future-shop.jp/fs/kuranokonaya/ItemReviewList.html
ささやかですが、1件につき50ポイントをプレゼントさせていただきます。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

→信州蕎麦倶楽部通信 メールマガジンのお申込はこちら

前のページ<< 信州蕎麦倶楽部通信 大西製粉 No.16  >>次のページ

目次に戻る

▲上にもどる