芽が出た夏の新そば

こんにちは蔵の粉屋大西製粉の大西響です。

信州小諸2017夏そばの芽が出てきました。

播種から1週間、

日照りの日が続いたので、心配していましたが、

ちょうど、雨が降り、きれいに発芽しました。

現在、この地域で夏そばを栽培している人はいないので、

栽培ノウハウなどまったくありません。

通常11月にならないと、食べられない新そばが、

8月に食べられるようになれば、

良いですよね。

 

夏そばは不味い?

夏そばは美味しくないという人もいますが、

それは、秋に採れた新そばを保管しておいて、夏に食べる蕎麦の事なのではないかなと思います。

採れたて、製粉したて、打ちたての、夏そばは、本当に不味いのか、、

今年の収獲が待ち遠しいです。

 

「夏そばと言えば信州小諸」をめざして

例年だと、この後ゲリラ豪雨が降ってしまうことが多いんです。

蕎麦栽培は雨が降ると、全滅になる事もあるので、

テルテル坊主を作ろうかなと思います。

神頼みですね。

将来は 夏そばと言えば 「信州小諸」と言われるぐらい、

たくさん収穫できるようにしたいです。

それには当社だけでは足りないので、

栽培のノウハウを地域で共有して、産地として成り立つようにしていきたいです。

またの報告をお待ちください。

 


スポンサーリンク